OPPO「R17 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 - モノセンサー


モノセンサーのトップページ  » スマートフォン  » OPPO「R17 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報

OPPO「R17 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報


060_oppo R17PRO_logo

「R17 Pro」は、OPPOが製造および販売する「R」シリーズの中でも上位機種に位置するSimロックフリースマートフォンです。当製品はデュアルカメラに追加でTOF 3D深度センサーを搭載しおり、VRやARなどに対応した将来的な活用に期待がもてます。また、ノッチサイズを極めて最小限に留めた水滴型ノッチスクリーンを採用しており、画面占有率がさらに向上し91.5%を達成しています。更に、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)もサポートされています。





【「OPPO R17 Pro」の概要】



「R17 Pro」は、OPPOの「R」シリーズのスマートフォンとして、2018年12月21日発売開始。基本スペックは、Android 8.1、Snapdragon 710 Soc、6.4インチ(OLED)有機ELディスプレイ、背面に2000万画素+1200万画素デュアルカメラ、前面に2500万画素カメラを搭載しています。カラーバリエーションは2色展開で「エメラルドグリーン」「ミストグラデーション」となっています。なお、販売価格は69,880円(税別)となっています。



OPPOが日本市場向けに投入した「R17 Pro」は、同社の「R」ブランドの中でも最上位機種となる製品で、前機種「R15 Pro」に比べてCPUがSnapdragon 660から新しいSnapdragon 710となり処理性能がパワーアップしています。また、背面の指紋センサーを廃し今回新たにディスプレイ埋込型の指紋認証センサーを搭載、更にデュアルレンズのアウトカメラに3D TOF(測定用)が追加されています。



ディスプレイは、にノッチ(切り欠け)のサイズを最小限に留めた水滴型ノッチスクリーンを採用しており、これに伴い画面占有率が91.5%に向上しています。なお、「R15 Pro」では、グローバル版を日本市場向けに再設計し「防水」と「おサイフケータイ」の機能が追加搭載されていましたが、今回登場した「R17 Pro」はグローバル版と同じで「防水」や「おサイフ」機能は搭載していません。





【「OPPO R17 Pro」の仕様】



■「OPPO R17 Pro」の基本スペック


OS:Android 8.1 (Oreo)
CPU:Snapdragon 710 Octa-core
RAM:6GB
ROM:128GB
ディスプレイ:6.4インチ有機ELディスプレイ
解像度: 2340×1080 FHD+(アスペクト比19.5:9)
カメラ(背面):2000万画素+1200万画素デュアルカメラ+TOF
カメラ(前麺):2500万画素
WiFi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:5.0
SDカード:非対応
外部端子:USB Type-C
SIM:nanoSIM×2
バッテリ:約3700mAh
サイズ:157.6×74.6×7.9mm
重量:183g



■「OPPO R17 Pro」の筐体


▶カラーバリエーション:
・エメラルドグリーン
・ミストグラデーション

063_oppo R17PRO_imagsA

063_oppo R17PRO_imagsB



■「OPPO R17 Pro」の詳細スペック


■Snapdragon 710 SoC搭載
Socは、Qualcomm Snapdragon 710 Octa-core 2.2GHzを搭載しています。RAMは6GB、ROMは128GBを搭載。なお、外部ストレージ(microSDカード)には非対応です。


■6.4インチ有機ELパネル搭載
ディスプレイは、6.4インチOLEDパネルを搭載。解像度はアスペクト比19.5:9でFHD+(2340×1080)を採用。


■大容量バッテリー搭載
3700mAhの大容量のバッテリーを搭載。また、急速充電に対応。


■対応周波数(バンド)
対応する周波数は、FDD-LTEが1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32、TD-LTEが34/38/39/40/41、W-CDMAが1/2/4/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHzに対応。また、SIMカードスロットはnanoSIMスロット×2基搭載で、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)もサポート。


■デュアルカメラ搭載
本体背面のカメラは1200万画素(F値 1.5-F2.4)+2000万画素(F値 2.6)デュアルカメラに加えて、TOF(被写界深度測定用)機能を搭載。前面は2500万画素(F値 2.0)カメラを搭載。


■付属品
同梱品は、ACアダプター、イヤフォン、USBケーブル、SIMカードツール、安全ガイド、クイックガイド、保護フィルム(貼付済み)、スマホケースが付属。




【「OPPO R17 Pro」の主な機能】



■対応機能
・Bluetooth
・テザリング
・指紋認証センサー


■非対応機能
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・防水/防塵
・赤外線通信


※当機は「ワンセグ」「おサイフケータイ」機能と「防水/防塵」「赤外線通信」機能は搭載されていません。当該機能が必要な方は注意してください。





【「OPPO R17 Pro」の特徴Ⅰ(基本性能)】



当機はOPPOが製造および販売するSimロックフリースマートフォンで、各小売店やインタネットショッピングサイトおよびMVNOパートナー等が取扱い販売をしています。

065_oppo R17PRO_imags000



■繊細なボディーカラー


「R17 Pro」が採用する「ミストグラデーションカラー」のボディーは手触りの良さが重視されており、特別な加工が施されています。背面は立体的な曲面デザインで、ガラス素材でありながら、シルクのような手触りで、しかも指紋の付着も気にならないマットな仕上がりで上質な作りになっています。

065_oppo R17PRO_imagsA



■水滴型ノッチスクリーン


ディスプレイは、6.4インチFHD+(2340×1080ドット)の水滴型ノッチスクリーンを搭載しています。草木の葉から垂れ落ちる雫をモチーフにデザインされており、6.4インチの有機ELスクリーンと91.5%の画面占有率は、一般的なノッチデザインのスマホに比べて圧倒的な没入感が得られます。更に、「Gorilla Glass 6」強化ガラスを採用することで落下に対する耐久性能が強化されています。

065_oppo R17PRO_imagsB



■大容量ストレージ搭載


プロセッサーは、Qualcomm Snapdragon 710 Octa-core 2.2GHzを搭載しています。また、RAM/6GBとROM/128GBの大容量ストレージを内蔵しており、アプリの起動時間や処理性能の高さが際立ちます。更にゲーム高速化モードを活用してシステムを最適化することで、よりスムーズにゲームプレイを楽しむことが出来ます。

065_oppo R17PRO_imagsC



■VOOCフラッシュチャージ


3,700mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、電池切れを心配することなく一日を通してスマホを使うことができます。また、OPPO独自のVOOCフラッシュチャージは、僅か10分程度の短時間で40%も充電することも可能です。

065_oppo R17PRO_imagsD



■ディスプレイ指紋認証


「R17 Pro」は、ディスプレイの中に指紋センサーを内蔵した最先端の技術が搭載されています。ディスプレイの下にある超高感度センサーが、ユーザの指紋を正確に認識し、素早く画面ロックを解除することができます。

065_oppo R17PRO_imagsE




【「OPPO R17 Pro」の特徴Ⅱ(撮影機能)】



「R17 Pro」は、AIに対応したカメラを搭載しています。本体背面に配置されたアウトカメラは、2000万画素+1200万画素デュアルレンズカメラに加えて、赤外線投射で深度測定を行う3D TOFセンサー機能も搭載しています。3D TOF機能は将来のアップデートで、VRやAR用の3D情報計測などに活用できるようになる可能性に期待がもてます。

066_oppo R17PRO_imags000



■オートアパチャ―搭載


最先端技術を搭載した「R17Pro」は、どんなシーンも繊細に描写します。F1.5 / F2.4オートアパチャ―搭載のアウトカメラを採用しており、暗い場所では自動的にカメラの絞りを大きくし、明るい場所では露出過多を避けるために自動的に絞りを小さくします。

066_oppo R17PRO_imagsA



■完璧なナイトショット撮影


1.4μmのピクセルと1 / 2.55インチの受光面積を備えたカメラが、完璧なナイトショット撮影を可能にします。更にOIS光学式手ブレ補正機能を搭載しているので、手ブレを軽減して感動的なシーンを撮影することができます。暗闇の中のわずかな光も鮮明に写しだしてくれるので屋内などの暗所や美しい夜景などのシーンも完璧に切り取ります。

066_oppo R17PRO_imagsB



■ウルトラナイトモード


ウルトラナイトモードは、ハードウェアだけでは補いきれない夜景の真のニュアンスを復元して、実際に夜景を見た際の感動までも再現。暗闇の中でも、常にベストなナイトショットを撮ることができます。

066_oppo R17PRO_imagsC



■A.I.ビューティー


「R17 Pro」のセルフィーは、ナチュラルで美しく撮影できる2500万画素のA.I.ビューティーに対応したカメラを搭載しています。更に顔の輪郭や目、鼻などを好みの応じて細かく調節できる8つのカスタマイズモードを備えており、完璧なセルフィーを作ることもできます。ユーザーが行った設定は、A.I.ビューティーが記憶してくれるので、カメラを使用するほどユーザ好みのセルフィーになっていきます。

066_oppo R17PRO_imagsD




【「OPPO R17 Pro」の評価】



068_oppo R17PRO_imags000


「R17 Pro」は、OPPOが販売する「R」シリーズの中でも最上位機種に位置するSimロックフリースマートフォンです。同年9月に前機種の「R15 Pro」が国内向けに投入されてから2か月程しか経過していないにも関わらず、このタイミングでの新機種発売となっています。

前機種の「R15 Pro」では、日本市場向けに大胆な再設計が施され「防水」と「おサイフケータイ」機能を追加搭載していましたが、今回新たに登場した「R17 Pro」は、基本的にグローバル版と同じで「防水」や「おサイフケータイ」などの機能は搭載していません。その分、今回は素早い国内投入となったようです。

新しい「R17 Pro」の特筆すべき点は、やはり他のOPOO製スマートフォンと同じくスバリ撮影機能です。本体背面に配置されたAI対応の1200万画素+2000万画素デュアルカメラは、「F値1.5」と「F値2.4」の2段階で絞り値を変更可能なオートアパチャー機能が搭載されています。更に、ソニーのイメージセンサー「IMX363」を搭載しており、OPPOのAI撮影機能との組み合わせは抜群と言って良いでしょう。

また、光学式手ぶれ補正(OIS)などによって夜景撮影も得意とした高性能な撮影機能を実現しています。更に同シリーズ初のTOF(Time of Flight)機能を搭載しており、今後のアップデートにおいて、TOFで計測した3D情報をVRやARに対応させることがアナウンスされています。

その他、ディスプレイはノッチ部の面積を最小限にした水滴型ノッチを採用しており、それに伴い更なるベゼルレス化で画面占有率91.5%を達成しています。また「R17 Pro」は、nanoSIMスロットを2基搭載しており、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)にも対応しています。

なお、「R17 Pro」は、各小売店やインタネットショッピングサイトおよびMVNOパートナー等が取扱い販売をしており、販売価格は、69,880円(税別)となっています。





※詳細および注意事項等はオッポジャパンの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE オッポジャパン

関連記事

   Sponsored Link

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

最新記事

ASUS「ROG Phone(ZS600KL)」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Aug 17, 2019
「GPD WIN2 2019バージョン」超小型UMPCのスペックと評価や評判のレビュー情報 Jul 28, 2019
「GPD MicroPC」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Jun 29, 2019
「SRS-XB22」のスペックと評価や評判のレビュー情報 May 01, 2019
「SRS-XB32」のスペックと評価や評判のレビュー情報 May 01, 2019
「Palm Phone」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Apr 29, 2019
「AQUOS zero SH-M10」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Apr 03, 2019
「Zenfone Max (M2) ZB633KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Mar 10, 2019
「Zenfone Max Pro (M2)ZB631KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Mar 10, 2019
「Xperia L3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Mar 08, 2019

楽天市場(白ROMベスト5)