「Surface Pro 2018」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 - モノセンサー

記事一覧



モノセンサーのトップページ  » PC・タブレット  » 「Surface Pro 2018」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報

「Surface Pro 2018」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報


001_Surface Pro 2018

「Surface Pro」は、Microsoftが販売するWindows10 Proを搭載した軽量モバイルPCです。12.3インチ画面を搭載しており、タブレット本体にタイプカバーを装着することでラップトップモードでも利用可能な2in1のハイブリッド仕様となっている。また、LTE対応モデルも追加で用意されており、最大450Mbps(理論値)で快適にインターネットを利用することも可能です。





【「Surface Pro」の概要】



「Surface Pro」は、Microsoft社が販売する軽量且つ万能なモバイルPCです。今回は2018年2月(一部3月)に発売されたモデル(商品コード)を前提としていますが、このあと紹介する全8機種の内7機種については、2017年6月(一部12月)に発売されたモデルとハードウェアのスペックは同じと思ってい頂いて問題ないでしょう。なお、残り1機種については、2018年5月に発売する4G LTE(CAT 9)モジュールを搭載したモデルとなります。

「Surface Pro」の基本スペックは、Windows 10 Pro、第7世代Intel Core m3 / i5 / i7プロセッサ搭載、Intel HD Graphicsチップ搭載、10点マルチタッチ対応の12.3インチPixelSenseディスプレイを搭載しています。

また、本製品はユーザのスタイルに応じて3つのモードで利用することができます。1つ目はオプション(別売)のタイプカバーを装着することでラップトップモードで通常のノートPCのように利用が可能。2つ目はスタジオモードでオプション(別売)のSurface Penを使えばノート上に描く事ができます。3つ目はSurface Pro本体のみでタブレットとして利用可能です。


002_Surface Pro 2018_imeB





【「Surface Pro」のスペック】



■「Surface Pro」の基本スペック


OS:Windows 10 Pro
CPU:
・Intel Core m3
・Intel Core i5
・Intel Core i7
GPU:
・Intel HD Graphics 615 (m3)
・Intel HD Graphics 620 (i5)
・Intel Iris Plus Graphics 640 (i7)
メモリ:4GB、8GB、16GB
ストレージ:SSD 128GB、256GB、512GB、1TB
ディスプレイ:12.3インチPixelSensディスプレイ
解像度:2736×1824(267 PPI)、アスペクト比3:2
カメラ(背面):800万画素
カメラ(前面):500万画素
ネットワーク:WiFi IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1、LTE(オプション)
SDカード:microSDXCカードリーダー
外部端子:Full-Size USB 3.0×1、ミニDisplayPort×1、3.5mmヘッドホンジャック
外部端子:カバー用端子、SurfaceConnect(充電、Surfaceドック用端子)×1
入力デバイス:Windows Hello顔認証(前面)カメラ、ステレオマイク
センサー:環境光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
スピーカ:Dolby Audio Premium 搭載ステレオスピーカー搭載
バッテリ:N/A(ビデオ再生は最長13.5 時間可能)※1
サイズ:201.42mm×292.10mm×8.45mm
重量:
・m3:約768g
・i5:約770g(LTE搭載モデルは約812g)
・i7:約782g
付属品:
・充電アダプタ
・Office Home and Business初回インストール用2016プロダクトキー

※1)充電済みのバッテリ内蔵キーボードを接続している場合。なお、バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化します。




■「Surface Pro」の筐体


003_Surface Pro 2018_imeA

003_Surface Pro 2018_imeB

003_Surface Pro 2018_imeC


▶インターフェース:
本体側面にインターフェースを集約。右側面には、Full-Size USB 3.0×1、ミニDisplayPort×1、SurfaceConnect(給電に利用)×1を配置している。3.5mmヘッドホンジャックは左側面、なお、カバー用端子は下部の配置となっている。

003_Surface Pro 2018_imeD




■「Surface Pro」の詳細スペック


▶Intel Core プロセッサ搭載
CPUは、第7世代 Intel Core シリーズ(Core m3-7Y30 / Core i5-7300U / Core i7-7660U)のプロセッサを搭載。


▶HD GraphicsまたはIris Plus Graphics実装
Intel Core i7搭載モデルは、Intel Iris Plus Graphics 640を実装。Core i5モデルのグラフィックはIntel HD Graphics 620を実装、Core m3モデルは、Intel HD Graphics 615の実装となる。


▶高速SSD搭載
ストレージはSSD 128GB or 256GB or 512GB or 1TBを採用。また、microSDXCカードリーダーを装備している。


▶10点マルチタッチ対応ディスプレイ搭載
12.3インチディスプレイを搭載。解像度は2736×1824ドット(267 PPI)のパネル採用。アスペクトは比3:2、10点マルチタッチ対応となっている。


▶ビデオ再生は最長13.5時間可能
バッテリ容量に関してメーカー側は公にしていなが、内蔵バッテリ充電済みの状態でビデオ再生が最長13.5時間可能であることを公にしている。なお、バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化する。


▶複数のモードで利用可能
ラップトップモード、タブレットモード、スタジオモードなどの使い方で利用可能。キーボードを搭載するオプションのタイプカバーは着脱可能で、取り付ければラップトップとして、外せばタブレットとして、更にキックスタンドを最大限広げればスタジオモードとして利用可能。


▶オプションでLTEモデム搭載可能
LTEモデルは最大450Mbpsの4G LTE(CAT 9)モデムを搭載。対応バンドはLTE Advanced (band 1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,19,20,26,28,29,30,38,39,40,41)に対応する。なお、SIMカードスロットについては、nanoSIMトレイと埋め込み型SIM (eSIM)を搭載。




【「Surface Pro」の主な機能】



■3つのモードに対応


「Surface Pro」は、ユーザのスタイルに応じて3つのモードで利用することができます。1つ目はラップトップモードで通常のノートPCとして利用可能。2つ目はスタジオモードでSurfaceペンを使えばノート上に描く事ができます。3つ目はSurface Pro単体でタブレットとして利用可能です。

004_Surface Pro 2018_imeges 001p



■ラップトップモード


「Surface Pro」本体とキーボードを搭載するタイプカバーを接続することでパワフルなノート PCとして使用することができます。※タイプカバーは本製品に付属していません。別途購入が必要となります。

005_Surface Pro 2018_imeges A



■スタジオモード


キックスタンドを最大限広げ、Surfaceペンを使えば、「Surface Pro」を手描き入力に最適なスタジオモードとして使用できます。※Surfaceペンは本製品に付属していません。別途購入が必要となります。

005_Surface Pro 2018_imeges B



■タブレットモード


キックスタンドを閉じて、オプション(別売)のキーボードが付いたタイプカバーを取り外すか、または折りたためば、パワフルな高性能タブレットとして使用できます。

005_Surface Pro 2018_imeges C




【「Surface Pro」の価格】






■参考価格(税込)


【Surface Pro(Intel Core m3)】

・FJR-00016:114,264円(Intel Core m3/4GBRAM/128GB/HD Graphics 615)

・HGG-00019:100,220 円(Intel Core m3/4GBRAM/128GB/HD Graphics 615)
※タイプカバー(ブラック)がセットになったお買い得パッケージ


【Surface Pro(Intel Core i5)】

・FJT-00031:136,944円(Intel Core i5/4GBRAM/128GB/HD Graphics 620)

・FJX-00031:158,544円(Intel Core i5/8GBRAM/256GB/HD Graphics 620)

・LTE搭載モデル:174,744円(Intel Core i5/8GBRAM/256GB/HD Graphics 620)


【Surface Pro(Intel Core i7)】

・FJZ-00023:206,064円(Intel Core i7/8GBRAM/256GB/Iris Plus Graphics 640)

・FKH-00027:280,584円(Intel Core i7/16GBRAM/512GB/Iris Plus Graphics 640)

・FKK-00031:341,064円(Intel Core i7/16GBRAM/1TB/Iris Plus Graphics 640)


【Surface Pro用純正オプション】

・Surface Pro タイプカバー:各色 20,952円
(プラチナ、コバルトブルー、バーガンディ、アクアブルー)

007_Surface Pro 2018_imeges 001p

・Surface ペン:12,744円

・Surfaceドック:27,432 円


※上記ラインナップは2018年2月(お買い得パッケージは同年3月、LTEモデルは同年5月)に出荷された製品の型番(商品コード)です。LTEモデル以外は2017年6月(一部12月)に発売した同モデルのラインナップと同じハードウェア仕様です。
※上記参考価格は2018年4月14日時点でマイクロソフト社の公式サイトで公表している販売(税込)価格です。




【「Surface Pro」の特徴】



008_Surface Pro 2018_imeges 001p

■第7世代 Intelプロセッサ


CPUは、第7世代 Intel Core iシリーズのプロセッサを搭載。Core m3-7Y30 / Core i5-7300U / Core i7-7660Uのプロセッサを搭載したモデルを用意しました。ハイエンドモデルにはIntel Core i7を搭載、また、価格を抑えたエントリーモデルにはCore m3を搭載しておりユーザのニーズに合ったモデルを選択して頂けるようになっています。

010_Surface Pro 2018_imeges A



■進化した静音設計


「Surface Pro」のCore m3とCore i5プロセッサを搭載したモデルはファンレスの冷却システムを採用しています。また、Core i7プロセッサ搭載モデルは改善されたハイブリッド冷却システムを採用しているため、作業中やビデオ再生中も静かです。

010_Surface Pro 2018_imeges B



■SSDとメモリの構成


「Surface Pro」のSSDとメモリの構成は、4GB+128GB、8GB+256GB、16GB+512GB、16GB+1TBの4タイプの組み合わせとなっています。

010_Surface Pro 2018_imeges C



■高精細ディスプレイ


「Surface Pro」は、10点マルチタッチに対応する12.3インチのPixelSenseディスプレイを搭載しています。Surfaceペンを使えば高精細で色鮮やかなディスプレイが創造力を刺激します。アスペクトは比3:2、解像度は2736×1824ドット(267 PPI)のパネルを採用しています。※Surfaceペンは本製品に付属していません。別途購入が必要となります。

010_Surface Pro 2018_imeges D



■着脱可能な2in1


「Surface Pro」シリーズには、オプション(別売)でキーボードを搭載したタイプカバーを用意してあります。タイプカバーとSurfaceペンは幾つかのカラーバリエーションから選択頂けます。また、Surface Dialをディスプレイ上で操作すれば、Surface Proを自分好みに変えて使用できます。※タイプカバー、Surfaceペン、Surface Dialは本製品に付属していません。必要に応じて別途購入が必要となります。

010_Surface Pro 2018_imeges E



■1080p HDビデオ対応カメラ


本体背面に800万画素オートフォーカス機能付きカメラを搭載、本体前面には、500万画素カメラを搭載しており1080p HDビデオにも対応しています。なお、前面カメラは、Windows Hello顔認証カメラとしても利用できます。

010_Surface Pro 2018_imeges F




【「Surface Pro」の評価】



012_Surface Pro 2018_ime001p

「Surface Pro」は、Microsoftが販売するWindows10 Proを搭載した軽量モバイルPCです。旧モデルの「Surface Pro 4」から内部的に大きく刷新されています。なお、4G LTE(CAT 9)モデムを搭載したモデルは2018年5月の発売となっています。

まず、内部的に旧機種「Surface Pro 4」からの大きな変更点は、CPUは第6世代 Intel Core m3/i5/i7プロセッサから 第7世代 Intel Core m3/i5/i7プロセッサに変更されています。また、前機種のバッテリ駆動時間は最大9時間であったが、「Surface Pro」は最大13.5時間となり1.5倍と大幅に延びているようである。本体のコンパクトさと、この機種のスペックとしてはなかなか優秀な駆動時間ではないだろうか。なお、メーカー側は「ビデオ再生は最長13.5時間可能」としているが、実際には設定や使用状況等の要因により駆動時間が大きく変化することは含みおき願いたい。

更に「Surface Pro」のCore m3とCore i5プロセッサを搭載したモデルはファンレスの冷却システムを採用しているため、当然だがとにかく静かである。また、Core i7プロセッサ搭載モデルはファンを搭載しているが、改善されたハイブリッド冷却システムを採用しており、作業中なども煩く感じることはない。

次に、前期種でスタンドは最大150度までしか開かなかったが、「Surface Pro」は、ヒンジの改良に伴い、最大165度まで開くようになったため、ペンを使った作業などが、より柔軟な姿勢で行えるようになった。なお、実用上影響の無い部分では、本体側面のスリットのデザインが若干変更されているがこれは些細なことである。また、本体の重量とサイズに関して殆ど変わっていない。

オプションについては幾つか改良が施されており、「Surface Pro」と同時に発売したタイプカバーが高級感のあるスエード調の人工皮革(アルカンターラ)に変更されている。また、Surface Penの筆圧感知が1024段階から4096段階に変更されており、それに伴いイラスト作成なども滑らかな線が書け、更に手書きもスムーズになっている。

さて、この記事の冒頭でも述べているので、お気づきであろうが「Surface Pro」には、2017年6月版と2018年2月版の2モデル存在しているが、スペックとモデル構成については、どちらも同じである。違いを上げるとすれば、付属のOfficeライセンスが、6月版は「Office Home & Business Premium」で、2月版は「Office Home and Business」となっている。また、基本仕様は同じでもマザーのファームウェアも上がっているかもしれない。何れにしても気にする必要はないであろう。

Microsoftが販売するモバイルPCには「Surface Book 2」や「Surface Laptop」もあるが、”Surface Pen”の利用も想定しており且つ機動性を最も重要視しているようであれば断然「Surface Pro」がおすすめである。





※詳細および注意事項等はMicrosoftの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE Microsoft

関連記事

   Sponsored Link

   

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

【人気の新製品】

Nintendo Switch用ポケットモンスター最新ゲームソフト『 Let's Go! ピカチュウ / Let's Go! イーブイ』に、モーション操作によって、まさにポケモントレーナーのようにモンスターボールを投げることができる夢のようなデバイスが付属した「モンスターボール Plus」セットが絶賛発売中。

【Sponsored Link】

【人気のガジェット】

SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

最新記事

「ZenFone Live (L1)(ZA550KL)」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Dec 10, 2018
「Android One X5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Dec 09, 2018
「Android One S5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Dec 05, 2018
「HUAWEI Mate 20 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Dec 04, 2018
OPPO「R17 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Dec 03, 2018
OPPO「AX7」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 29, 2018
「HUAWEI Mate 20 lite」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 25, 2018
HUAWEI「MediaPad M5 lite」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 24, 2018
ASUS「ROG Phone(ZS600KL)」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 20, 2018
「AQUOS R2 compact」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 18, 2018