「Amazon Fire HD 8」(2018年Newモデル) のスペックと評価や評判のレビュー情報 - モノセンサー

記事一覧



モノセンサーのトップページ  » PC・タブレット  » 「Amazon Fire HD 8」(2018年Newモデル) のスペックと評価や評判のレビュー情報

「Amazon Fire HD 8」(2018年Newモデル) のスペックと評価や評判のレビュー情報


001_Amazon Fire HD 8_logo

「Amazon Fire HD 8」はアマゾンが販売する安価でコストパフォーマンスに優れたタブレットです。8インチHDディスプレイとDolbyオーディオのステレオスピーカー搭載しています。また、NetflixやDAZNなどの人気なアプリに加えて、映画やドラマ、音楽や電子書籍まで様々なエンターテイメントもこの一台で活用することが出来ます。




【「Amazon Fire HD 8」の概要】



「Amazon Fire HD 8(Newモデル)」は、アマゾンの「Fire」シリーズのタブレットとして、2018年10月4日から発売を開始。基本スペックは、Fire OS (Android ベース)、Quad-coreプロセッサ、8インチIPSディスプレイ、本体前後に200万画素レンズカメラを搭載しています。なお、カラーバリエーションは「ブラック」のみとなっています。



2018年Newモデルの「Amazon Fire HD 8」は、外観的には前機種と見比べても違いが見当たりませんが、インカメや外部ストレージが改善されています。フロントカメラを200万画素に高画素化、外部ストレージが最大400GBのmicroSDXCカード対応するなど内部的に細かな箇所が強化されています。なお、販売価格に関しては、アマゾン公式サイトにて16GBモデルが価格は8,980円(税込)、32GBモデルが価格は10,980円(税込)となっており相変わらずのコストパフォーマンスを実現しています。


003_Amazon Fire HD 8_ime000





【「Amazon Fire HD 8」のスペック】



■「Amazon Fire HD 8」の基本スペック


OS: Fire OS (Android ベース)
CPU:Quad-core processor 1.3GHz
RAM:1.5GB
ROM:16GB / 32GB
ディスプレイ: 8インチ液晶
解像度:1280×800 HD
カメラ(背面):200万画素
カメラ(前面):200万画素
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth:Ver 4.0
外部端子:microSDXC(Max 400GB)、micro-B USBポート、3.5mmオーディオジャック
バッテリ:N/A、(稼働時時間:最大10時間)
サイズ:214×128×9.7mm
重量:約369g
その他:マイク、Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー搭載



■「Amazon Fire HD 8」の筐体


▶カラーバリエーション:
・ブラック

004_Amazon Fire HD 8_imeA



■「Amazon Fire HD 8」の詳細スペック


■Quad-coreプロセッサ搭載
プロセッサは、Quad-core processor 1.3GHzを搭載。RAMは1.5GB、ROMは16GB or 32GBを搭載している。外部ストレージは最大400GBのmicroSDXCカードに対応。


■8インチ液晶搭載
ディスプレイは、8インチ液晶画面を搭載。解像度はHD(1280×800ドット)を搭載。


■バッテリー最大駆動10時間
内蔵バッテリの稼働時時間はフル充電の状態で最大10時間稼働可能。なお、バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化することは含みおき下さい。


■200万画素カメラ搭載
カメラは本体の前後にそれぞれ200万画素レンズカメラを搭載。


■その他
マイク、Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー搭載




【「Amazon Fire HD 8」の特徴】



当製品はアマゾンが販売するタブレットで、各小売店やAmazonインタネットショッピングサイトが取扱い販売をしています。

006_Amazon Fire HD 8_000



■高速なパフォーマンス


最大1.3GHzのクアッドコアプロセッサーと1.5GBのRAMを搭載しており、アプリ、ストリーミングビデオ、ウェブブラウザ間での切り替えを素早く迅速、軽快に動作するのでストレスなく、サクサクと素早くコンテンツを楽しめます。また「Amazon Fire HD 8」は16GBまたは32GBの内部ストレージ容量に加えて、最大で400GBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しているので容量を気にせず、映画、ドラマ、Kindle本、マンガ、音楽、写真、ゲームを思う存分楽しめます。※外部ストレージ(microSDXCカード)は付属していませんので必要な方は別途購入して下さい。

006_Amazon Fire HD 8_A



■美しい8インチディスプレイ


高解像度1280x800、189ppiの8インチHDディスプレイを搭載。鮮やかなカラーを実現する明るく見やすい画面です。IPS技術と先進的な偏光フィルターにより、画面の反射が少なく、あらゆる角度で美しい画像を表示します。また、最大10時間(約半日)使用可能なバッテリー搭載しているので出張時や旅行先でも画像や映像鑑賞を楽しむことができます。

006_Amazon Fire HD 8_B



■フロントとリアカメラ


200万画素レンズ搭載のフロント及びリアカメラで写真の撮影と共有、動画ならフロントカメラの720pの解像度で友人や家族とビデオチャット、Fireタブレットで撮影した写真は、全て無料で容量無制限のクラウドストレージに保存することも可能です。

006_Amazon Fire HD 8_C



■Dolby Atmos Audio


「Amazon Fire HD 8」は、よりリアルな音とダイナミックレンジへの対応を可能にする、ドルビーデジタルプラスとドルビーアトモスの最適化が図られたデュアルステレオスピーカーを搭載ています。

006_Amazon Fire HD 8_D



■豊富なコンテンツセレクション


数百万以上の映画、TV番組、音楽、書籍、雑誌、アプリ、ゲーム(それぞれ有償のコンテンツを含む)を楽しめます。しかも、そのすべてのコンテンツを保存できる容量無制限の無料クラウドストレージを利用可能です。

006_Amazon Fire HD 8_E




【「Amazon Fire HD 8」の主な機能】






▶Fire タブレット内のTV番組や映画をFire TVにミラーリング
・Fire タブレットに保存された動画やTV番組、音楽、写真などのコンテンツをFire TVやFire TV Stickを接続したTVにミラーリングできます。リビングルームにあるテレビでコンテンツを満喫することも可能です。

▶ASAP機能による瞬時のストリーミング再生
・ASAP(Advanced Streaming and Prediction)機能により、視聴リストとお勧めに基づいて視聴したい映画やTV番組を予測し、再生を押す前に再生を準備。ユーザーの視聴履歴に基づいてパーソナライズ化され、視聴傾向が変わるたびにその変更が適応されるため、使用頻度が増すたびにキャッシング予測が向上します。

▶Whispersync機能でコンテンツ同期
・ユーザーが持っている全てのデバイスを通して、ユーザーの動画や音楽のライブラリーを同期化。例えば、Fireタブレットで映画を見始め、帰宅後にFire TVでその続きの鑑賞をすることが可能です。

▶Blue Shade機能
・Fireタブレット画面の色彩と明るさを調整する機能を搭載しています。Blue Shadeにより、眠りを妨げるブルーライトを抑制し、就寝前の夜間の読書などで有効です。

▶On Deck機能
・お勧めのPrime Videoのプライム特典対象作品(プライム会員のみ)や、Amazon Prime Originalの第1話を自動でダウンロードします。勿論インターネット接続なしで鑑賞することが可能です。

▶ダウンロード機能
・Prime Videoのタイトルはダウンロードできるので(一部対象外あり)、オフラインでもFireタブレットですぐに視聴できます。Wi-Fi環境が得られない場所でも、いつでもエンターテインメントを満喫。microSDカード(別売)の使用でストレージを拡張でき、さらに多くのコンテンツをダウンロードが可能です。




【「Amazon Fire HD 8」の評価】



007_Amazon Fire HD 8_ime000


「Amazon Fire HD 8」は、アマゾンが販売する「Fire」シリーズの8インチ画面を搭載したタブレットです。なお、OSはFire OS (Android ベース)を搭載しており同社が配信する「Prime Video」「Prime Music」「Prime Reading」などのコンテンツサービスを手軽に利用できるようになっています。

プライム会員であれば、追加料金なしで「Prime Video」の会員特典対象の映画やドラマが見放題です。また「Prime Reading」で対象のマンガや雑誌が読み放題で、更にさらにプライム会員であれば「Prime Video」の一部の対象タイトルをダウンロードすることも可能なので、移動中や外出先などのオフライン環境でも映画鑑賞するような使い方も可能です。

「Amazon Fire HD 8」の基本性能に関しては、タブレットとして実用上充分な性能が維持されており且つ必要不可欠な機能を搭載しているにも関わらず、1万円前後の価格の安さには毎度のことながら優秀なコストパフォーマンスに驚かされます。

軽めのゲームやアプリ、更に映画、音楽、書籍、雑誌などの閲覧や鑑賞およびWebブラウジングなどの利用が中心のユーザであれば最も安価で安心して購入できるタブレットであると言えます。

なお、今回登場した2018年Newモデルの「Amazon Fire HD 8」は、前機種の筐体を、そのまま引き継いでいるようで外観の違いが見当たりませんが、インカメや外部ストレージが改善されています。フロントカメラを200万画素に高画素化し更に外部ストレージが最大400GBのmicroSDXCカードに対応するなど内部的に細かな箇所が強化されています。

「Amazon Fire」シリーズは、各小売店やAmazonインタネットショッピングサイトが取扱いをしており、価格はアマゾン公式サイトにて16GBモデルが価格は8,980円(税込)、32GBモデルが価格は10,980円(税込)となっています。

※新モデルを購入される方は、旧モデルと新モデルを間違えないように良く確認してから注文しましょう。





※詳細および注意事項等はAmazonの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE Amazon

関連記事

     Sponsored Link

    

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

【人気の新製品】

ソニー、初代プレステをコンパクト化した復刻版「プレイステーション クラシック」の予約販売を開始。外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになっています。また、20本の名作タイトルが標準で収録されています。

【Sponsored Link】

【人気のガジェット】

SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

最新記事

OPPO「R17 Neo」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 04, 2018
OPPO「Find X」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 03, 2018
「GPD Pocket 2」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 Nov 02, 2018
「Moto Z3 Play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 13, 2018
「HUAWEI nova 3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 03, 2018
「moto g6 play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 28, 2018
「ZenFone Max (M1) ZB555KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 22, 2018
「HUAWEI MediaPad T5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 19, 2018
OPPO「R15 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 17, 2018
「NW-A50」シリーズのスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 12, 2018

【人気のアイテム】

Nintendo Switch用ポケットモンスター最新ゲームソフト『 Let's Go! ピカチュウ / Let's Go! イーブイ』に、モーション操作によって、まさにポケモントレーナーのようにモンスターボールを投げることができる夢のようなデバイスが付属した「モンスターボール Plus」セットを予約販売開始。

【Sponsored Link】