「m-Book Kシリーズ(K690BN/SN/XN)」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 - モノセンサー

記事一覧



モノセンサーのトップページ  » PC・タブレット  » 「m-Book Kシリーズ(K690BN/SN/XN)」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報

「m-Book Kシリーズ(K690BN/SN/XN)」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報


020_m-Book K690_logo

「m-Book K690 シリーズ」は、マウスコンピューターが販売するWindows10を搭載した15.6インチFull-HD画面を搭載したスタンダードノートPCです。「第8世代インテル Core i7 プロセッサー」と外部グラフィックスとして高性能な「GeForce MX150」を搭載しています。また、より高速なアクセスに対応するNVMe対応SSDなどの豊富なカスタマイズも可能です。



【「m-Book K690」の概要】



「m-Book K690」は、マウスコンピューターのスタンダードノートPCの主力機種として、2018年5月24日に発売を開始。基本スペックは、Windows 10 Pro/Home、第8世代 Intel Core i7プロセッサ搭載、NVIDIA GeForce MX150(2GB)搭載、15.6インチFull-HD (1920×1080ドット)ディスプレイを搭載しています。



本製品は、従来のモバイル向け CPU「第7世代 Intel Coreプロセッサー」を搭載した製品と比較して、約1.4倍の高速な処理性能を実現しています。更に専用グラフィックスとして「GeForce MX150」を採用しており、高速化されたCPUの演算処理性能と組み合わせることで、一般的なオフィスソフトウェア処理や画像加工、高精細な動画視聴など幅広く活用することができます。ビジネスでもプライベートでも快適に使用できる製品となっています。


022_m-Book K690_ime000



「m-Book K シリーズ」は楽天市場でも取扱いしておりますので、ポイントの付加や保有ポイントを利用したいユーザは「マウスコンピューター楽天地市場店」を利用した方が結果的にお得です。なお、Amazonは同シリーズの取り扱いが(当記事執筆時点で)されていないようですので代替え機種をAmazonの個別直リンクとしていますのでご注意下さい。





【「m-Book K690」のスペック】



■「m-Book K690」の基本スペック


▶OS:エディション選択可能
・Windows 10 Pro 64bit
・Windows 10 Home 64bit
▶CPU:第8世代 Intel Core
・i7-8750H プロセッサー(6コア/12スレッド/2.20GHz[最大4.10GHz]/9MBキャッシュ)
▶GPU:NVIDIA製チップ
・NVIDIA GeForce MX150 (2GB)
▶チップセット:Intel製
・モバイル Intel H370チップセット
▶メモリ:PC4-19200/DDR4-2400(カスタマイズによる選択)
・8GB メモリ [8GB×1]
・8GB メモリ [4GB×2 デュアルチャネル]
・16GBメモリ [8GB×2 デュアルチャネル]
・32GBメモリ [16GB×2 デュアルチャネル]
▶ストレージ:SSD(カスタマイズによる選択)
・SSDなし
・128GB SSD(M.2 SATA3 接続)
・256GB SSD(M.2 SATA3 接続)
・256GB NVM Express SSD(WD Black PCIe/M.2 PCI Express Gen3 x4 接続)
・256GB NVM Express SSD(SAMSUNG PM981/M.2 PCI Express x4 接続) ※1
・512GB SSD(M.2 SATA3 接続)
・512GB NVM Express SSD(WD Black PCIe/M.2 PCI Express Gen3 x4 接続)
・512GB NVM Express SSD(SAMSUNG PM981/M.2 PCI Express x4 接続) ※1
・1TB SSD(M.2 SATA3 接続)
・1TB NVM Express SSD(SAMSUNG PM981/M.2 PCI Express x4 接続) ※1
▶ストレージ:HDD(カスタマイズによる選択)
・500GB HDD (5400rpm)
・1TB HDD (5400rpm)
・2TB HDD (5400rpm) Seagate製
▶ディスプレイ:LEDバックライト付
・15.6型 フルHDノングレア(1,920×1,080ドット)
▶ワイヤレス:標準搭載
・IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth 5 モジュール内蔵
▶カードスロット:SD(SDXC/SDHC)
・マルチカードリーダーUHS-I対応
▶外部端子:ポート
・D-sub×1
・HDMI×1
・ギガビットLAN
・ヘッドフォン出力
・マイク入力
▶外部端子:USBポート
・USB 3.1×2(Type-A×1、Type-C×1)
・USB 3.0×1
・USB 2.0×1
▶入力デバイス:キーボード
・107キー(テンキー標準装備)
・18mmキーピッチ、1.8mmストローク
▶入力デバイス:タッチパッド
・クリックボタン装備
▶内蔵カメラ:
・100万画素WEBカメラ
・内蔵アレイマイク×2基
▶スピーカー:
・ステレオスピーカー搭載
▶バッテリ:
・駆動時間約6.7時間 ※2
・着脱式リチウムイオンバッテリー搭載(90W ACアダプタ付属)
▶サイズ:
・378×267×25.4mm (折り畳み時/ 突起部含まず)
・378×267×35.8mm (折り畳み時/ 突起部含む)
▶重量:約2.4kg(付属品は含まず)

※1)最大3,000MB/sを超える連続読み出し性能
※2)バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化します。




023_m-Book K690_imeA

023_m-Book K690_imeB

023_m-Book K690_imeC




■「m-Book K690」の詳細スペック


▶Intel Core i7 搭載
CPUは第8世代「Intel Core i7-8750H プロセッサ」を搭載。メモリはPC4-19200/DDR4-2400の8GBまはた16GB/32GB(デュアルチャネル)を搭載している。


▶NVIDIA GeForce MX150搭載
グラフィックチップは「NVIDIA GeForce MX150」2GB版を搭載。


▶高速SSD搭載
SSDは「128GB SSD M.2 SATA3 接続」(または非搭載)から256GB/512GBおよび高速SSDの「1TB NVM Express SSD」までの何れかを搭載。また、UHS-I対応のマルチカードリーダーを標準装備している。


▶Full-HDディスプレイ搭載
ディスプレイは、15.6インチのノングレアパネルを搭載。解像度はFull-HD(1920×1080ドット)を採用。


▶バッテリ最大駆動6.7時間
着脱式リチウムイオンバッテリーを搭載。最大駆動時間は約6.7時間であることを謳っている。なお、バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化することは含みおき下さい。


▶ステレオスピーカ搭載
本体にステレオスピーカー(ハイデフィニション・オーディオ)を搭載。また、本体画面上部に100万画素WEBカメラと内蔵アレイマイク2基搭載。




【「m-Book K690」のインターフェース】



「m-Book K690」の各種ポートは、本体部分の左右側面に配置されています。

▶左側面:
・イーサネットポート×1
・D-sub×1
・HDMI×1
・USB 3.1×1(Type-C×1)
・USB 3.1×1(Type-A×1)
・マルチカードリーダー

025_m-Book K690_ime001


▶右側面:
・ヘッドホン出力(ミニジャック メス×1)
・マイク入力(ミニジャック メス×1)
・USB 2.0×1
・USB 3.0×1

025_m-Book K690_ime002




【「m-Book K690」の価格】



「m-Book K シリーズ」の価格は、同シリーズで最も人気のある「m-Book K690XN-M2SH2」が119,800円(税別)/129,380円(税込)となっています。なお、購入の際に選択する(型番)ベースモデルの違いやユーザーがカスタマイズを行うことで価格は上下変動します。※この機種よりも安価なモデルや更に高性能なモデルも豊富にありますので、ユーザのニーズや無理なく予算内に収まるデバイスがあるか確認してからじっくり検討することをお勧め致します。

今回の記事で紹介している「m-Book K シリーズ」は楽天市場でも取扱いしておりますので、ポイントの付加や保有ポイントを利用したいユーザは「マウスコンピューター楽天地市場店」を利用した方が結果的にお得かもしれません。なお、Amazonは同シリーズの取り扱いが(当記事執筆時点で)されていないようですので代替え機種をAmazonの個別直リンクとしていますのでご注意下さい。





【「m-Book K690」の特徴】



■第8世代 Intel Core i7 プロセッサ搭載


「m-Book K シリーズ」は、「第8世代 Intel Core i7 プロセッサ」を搭載しており、6コア/12スレッド処理能力を可能とします。前世代のプロセッサよりも処理を実行するコア数が増えたことで、複数タスクの同時実行性能を大幅に向上しています。また、各コアが異なる2つのタスクを同時に処理するインテルハイパースレッディングテクノロジー対応しています。更に自動的に定格の動作周波数より高速でプロセッサーを動作させるインテルターボ・ブーストテクノロジーによって、最適なパフォーマンスが常に働き、効率的な作業を可能にしています。

008_NEXTGEAR-NOTE i5340_imeA



■GeForce MX150 搭載


モバイル環境に最適化された最新世代グラフィックスの「GeForce MX150」を搭載しています。動作速度と電力を制御する「GPU Boost 3.0」に対応することで、処理状態に応じた最適なパフォーマンスを発揮し、幅広いアプリケーションからグラフィックス機能を利用した高速化機能を利用することが可能です。

028_m-Book K690_imeB



■SSDとメモリの構成


「m-Book K シリーズ」のSSDとメモリの構成は、SSDが「128GB/256GB/512GB/1TB SSD(M.2 SATA3 接続)」「256GB/512GB NVM Express SSD(WD Black PCIe/M.2 PCI Express Gen3 x4 接続)」「256GB/512GB/1TB NVM Express SSD(SAMSUNG PM981/M.2 PCI Express x4 接続)」のタイプのSSDの中から選択できます。メモリはPC4-19200/DDR4-2400の8GBまはた16GB/32GB(デュアルチャネル)を搭載しています。

008_NEXTGEAR-NOTE i5340_imeC



■15.6型フルHDノングレア液晶


15.6インチのノングレア液晶パネルを搭載しています。視野角に優れ、フルHD (1920×1080) 解像度に対応しており映画等の映像作品を余分なスペース無く表示する事が可能なのでブルーレイディスク映画やハイビジョンカメラで撮影した高精細映像も迫力そのままに楽します。また、パソコン作業においても、高解像度パネルのおかげで作業効率が各段にアップします。更に光沢を抑えたノングレア処理が施されており、光量が強い環境下における液晶への写り込みを軽減することで、よりパソコンでの作業に集中しやすくなっています。

028_m-Book K690_imeD



■18mmピッチのキーボード搭載


18mmのキーピッチと1.8mmストロークでタイピングに適した打ちやすさいサイズを確保しています。もちろんテンキーも標準で装備しています。

028_m-Book K690_imeE



■WEBカメラ&ステレオスピーカ搭載


コミュニケーションに便利なWEBカメラとマイクを搭載しています。本体上部に設置されたWEBカメラの両脇には内蔵アレイマイクが2基搭載さています。音声チャット等の利用の際も、よりクリアな音質での通話が可能です。また、「m-Book K シリーズ」は、本体にステレオスピーカー(ハイデフィニション・オーディオ)を内蔵しています。

028_m-Book K690_imeF




【「m-Book K690」の評価】



029_m-Book K690_ime000


「m-Book K690」は、マウスコンピューターが販売するWindows10 Pro/Homeを搭載したスタンダードノートPCです。CPUは「第8世代 Intel Core i7 プロセッサー」を搭載しており、従来のモバイル向け CPU「第7世代 Intel Core プロセッサー」と比べて大幅な進化を遂げています。本製品は2018年5月24日に発売されてから圧倒的な人気を誇り、同社のスタンダードノートPCの主力的な位置づけとなっています。

このシリーズ最大の特徴は、高性能なCPU「第8世代 Intel Core i7-8750H プロセッサー(6コア/12スレッド/2.20GHz[最大4.10GHz]/9MBキャッシュ) 」と、高性能グラフィック「NVIDIA GeForce MX150」との組み合わせで、一般的なスタンダードノートPCよりもワンランク上のノートPCに仕上がっています。

更に、安価に抑えた500GBハードディスクを搭載する「m-Book K690BN」や、より高速なアクセスに対応する NVMe対応のSSDを搭載する「m-Book K690XN-M2SH5」など豊富なラインナップと個々の要望に応じたキメ細かいカスタマイズが可能です。

なお、マウスコンピューターのスタンダードPCの中でも最も人気のある機種(記事執筆時)は「m-Book K690XN-M2SH2」(型番)となっており、高性能なCPUとGPUを搭載する機種の中では抜群のコストパフォーマンスであると言えます。



「m-Book K シリーズ」は楽天市場でも取扱いしておりますので、ポイントの付加や保有ポイントを利用したいユーザは「マウスコンピューター楽天地市場店」を利用した方が結果的にお得です。なお、Amazonは同シリーズの取り扱いが(当記事執筆時点で)されていないようですので代替え機種をAmazonの個別直リンクとしていますのでご注意下さい。





※詳細および注意事項等はマウスコンピューターの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE マウスコンピューター

関連記事

     Sponsored Link

    

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

【人気の新製品】

ソニー、初代プレステをコンパクト化した復刻版「プレイステーション クラシック」の予約販売を開始。外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになっています。また、20本の名作タイトルが標準で収録されています。

【Sponsored Link】

【人気のガジェット】

SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

最新記事

OPPO「R17 Neo」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 04, 2018
OPPO「Find X」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 03, 2018
「GPD Pocket 2」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 Nov 02, 2018
「Moto Z3 Play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 13, 2018
「HUAWEI nova 3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 03, 2018
「moto g6 play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 28, 2018
「ZenFone Max (M1) ZB555KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 22, 2018
「HUAWEI MediaPad T5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 19, 2018
OPPO「R15 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 17, 2018
「NW-A50」シリーズのスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 12, 2018

【人気のアイテム】

Nintendo Switch用ポケットモンスター最新ゲームソフト『 Let's Go! ピカチュウ / Let's Go! イーブイ』に、モーション操作によって、まさにポケモントレーナーのようにモンスターボールを投げることができる夢のようなデバイスが付属した「モンスターボール Plus」セットを予約販売開始。

【Sponsored Link】