「Android One X3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 - モノセンサー

記事一覧



モノセンサーのトップページ  » スマートフォン  » 「Android One X3」のスペックと評価や評判のレビュー情報

「Android One X3」のスペックと評価や評判のレビュー情報


010_Android One X3

ワイモバイルが販売する「Android One X3」は、京セラ製スマートフォンです。耐衝撃・防水・防塵に加え、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信など日本仕様の機能を全て備えています。



【「Android One X3」の概要】



「Android One X3」(アンドロイドワン X3)は、ワイモバイルの「Android One」シリーズのスマートフォンとして、2018年1月25日に発売を開始。基本スペックは、Android 8.0、Snapdragon 630 Soc、5.2インチ画面、背面に1300万画素カメラ、前面に800万画素カメラを搭載しています。




【「Android One X3」のスペック詳細】



■詳細スペック
OS: Android 8.0 Oreo
CPU:Snapdragon 630
RAM:3GB
ROM:32GB
ディスプレイ: 5.2インチTFT液晶
解像度:1920×1080 FHD
カメラ(背面):1300万画素
カメラ(前麺):800万画素
WiFi:a/b/g/n/ac
Bluetooth:4.2
SDカード:microSDXC(Max 256GB)
外部端子:USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
バッテリ:2800mAh
サイズ:149×72×8.2mm
重量:150g


■筐体カラー:ホワイト、ライトブルー、ブラック
011_Android One X3_images 001p


■Snapdragon 630 SoC搭載
Socは、Qualcomm Snapdragon 630 Octa-core 2.2GHz+1.8GHzを搭載。RAMは3GB搭載、ROMは32GBを搭載。


■5.2インチディスプレイ搭載
ディスプレイサイズは5.2インチ画面を搭載。解像度は1920×1080のフルHDを搭載。


■防水、防塵対応、耐衝撃性能
手が濡れた状態でも操作できるタッチパネル。キッチンなどの水まわりで手軽に使えます。また、米国国防総省が制定したMIL-STD-810Gに準拠した衝撃に強い耐衝撃に対応しています。


■日本仕様が全搭載
耐衝撃・防水・防塵に加え、「ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信」などの日本仕様も全て備えています。また、ディスプレイはガラスが割れにくい京セラ独自技術の「ハイブリッドシールド」を採用しています。




【「Android One X3」の主な機能】



012_Android One X3_images 002p


■対応機能
・Bluetooth
・テザリング
・防水/防塵
・指紋センサー
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・赤外線通信






【「Android One X3」の特徴】



当機はキャリアやメーカーの余計なアプリケーションが入っておらず、Androidの素の状態に近い状態のスマートフォンです。またGoogleの「Android One」ブランドとして発売から24ヶ月間に最低1回以上のアップデートが保証されています。

013_Android One X3_images 003p



■5.2インチフルHDワンセグ対応


ディスプレイサイズは5.2インチでフルHD(1920×1,080)ディスプレイを搭載。高精細な見やすい大画面で、写真やフルハイビジョン動画、さらにテレビも視聴。美しい映像をさまざまに楽しめます。

014_Android One X3_images 004p



■おサイフケータイも赤外線通信など日本仕様を搭載


おサイフケータイ本体対応でレジのリーダー/ライターにかざせば、電子マネーでのショッピングやクーポン情報も気軽に利用できる。赤外線通信対応でガラケーからのデータ移行も簡単でスピーディです。ガラケーにある連絡先や写真データも転送できます。

015_Android One X3_images 005p



■防水、防塵対応、耐衝撃性能


雨の日にも使える防水設計で、汚れた時も水洗いできます。チリやホコリにも強く、アクティブに使え安心です。また、ストラップ装着可能なストラップホールを備え落下を防止。イヤホンマイク端子、外部接続端子はキャップレス防水・防塵です。

016_Android One X3_images 006p



■指紋認証センサー搭載


指紋センサーにタッチするだけで、指紋を認証。画面起動と画面ロック解除がかんたんにでき、セキュリティも万全です。



■大容量バッテリ搭載


2800mAhの大容量バッテリーを搭載。また、省電力設計により、3日間以上充電不要です。




【「Android One X3」の評価】



017_Android One X3_images 007p


「Android One X3」は、「ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信」などの日本仕様が全て揃っています。また指紋認証センサーも搭載。更に耐衝撃・防水・防塵に加えガラスが割れにくい京セラ独自技術の「ハイブリッドシールド」を採用している。正に全部入りのスマートフォンです。

搭載するSocは、Snapdragon 630ですので、ミドルハイクラスぐらいの位置づけとして考えて良いでしょう。機能的には全て搭載しているので普段使いに不自由なく利用可能です。重いゲームアプリの利用などを前提としていないユーザであれば特段問題ないかと思います。

なお、当機は「Android One」ブランドとして、キャリアやメーカーの余計なアプリケーションが入っておらず、Androidの素の状態に近い状態です。機能的には全部入りで、付属アプリは極力シンプルな状態の端末が好みのユーザには選択肢として十分検討に値するかもしれません。






※詳細および注意事項等はワイモバイルの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE ワイモバイル
関連記事

     Sponsored Link

    

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

【人気の新製品】

ソニー、初代プレステをコンパクト化した復刻版「プレイステーション クラシック」の予約販売を開始。外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになっています。また、20本の名作タイトルが標準で収録されています。

【Sponsored Link】

【人気のガジェット】

SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

最新記事

OPPO「R17 Neo」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 04, 2018
OPPO「Find X」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 03, 2018
「GPD Pocket 2」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 Nov 02, 2018
「Moto Z3 Play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 13, 2018
「HUAWEI nova 3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 03, 2018
「moto g6 play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 28, 2018
「ZenFone Max (M1) ZB555KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 22, 2018
「HUAWEI MediaPad T5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 19, 2018
OPPO「R15 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 17, 2018
「NW-A50」シリーズのスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 12, 2018

【人気のアイテム】

Nintendo Switch用ポケットモンスター最新ゲームソフト『 Let's Go! ピカチュウ / Let's Go! イーブイ』に、モーション操作によって、まさにポケモントレーナーのようにモンスターボールを投げることができる夢のようなデバイスが付属した「モンスターボール Plus」セットを予約販売開始。

【Sponsored Link】