2018年11月 - モノセンサー

記事一覧



モノセンサーのトップページ  » 2018年11月

OPPO「R17 Neo」のスペックと評価や評判のレビュー情報

「R17 Neo」は、OPPOが製造および販売する「R」シリーズの中でもミドルハイクラスに位置するSimロックフリースマートフォンです。当製品は日本市場向けのスマートフォンでは初めてディスプレイ埋込型の指紋認証センサーを搭載。また、水滴型ノッチスクリーン採用に伴い画面占有率91%を達成しています。更に、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)もサポートされており、デュアルSIMスタンバイ可能なnanoSIMスロット2つとmicroSDスロット1...

続きを読む

OPPO「Find X」のスペックと評価や評判のレビュー情報

「Find X」は、OPPOが製造および販売するブランドの中でもフラグシップモデルに位置するSimロックフリースマートフォンです。当製品はスライド式ステルスカメラを搭載することでノッチを廃止し93.8%という高い画面占有率を実現したフルビューディスプレイを搭載しています。また、国内キャリアのVoLTEとDSDVに対応しています。更に、8GB/RAMと256GB/ROMの大容量ストレージを内蔵しており最強クラスのスペックとなっています。...

続きを読む

「GPD Pocket 2」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報

「GPD Pocket 2」は、GPD社が販売するWindows10を搭載した超小型ノートPCです。7インチWUXGA(1920×1200ドット)ディスプレイを搭載しておりマルチタップにも対応しています。入力デバイスは、QWERTYフルキーボードに加えて光学式ポインティングデバイスも装備しています。また、新たに第7世代「m3-7Y30」超低電圧プロセッサを採用したことで前機種に比べて処理性能が飛躍的に向上しています。...

続きを読む

     Sponsored Link

    

モノセンサー 公式サイト

monocsensor_logo2-greeen2.jpg 『モノセンサー 公式サイトへようこそ!』
スマートフォンやウェアブルデバイス、オーディオ機器やスマート家電などデジタルガジェットに関する情報を厳選して配信。

Sponsored Link

サイト内検索

【人気の新製品】

ソニー、初代プレステをコンパクト化した復刻版「プレイステーション クラシック」の予約販売を開始。外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになっています。また、20本の名作タイトルが標準で収録されています。

【Sponsored Link】

【人気のガジェット】

SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

最新記事

OPPO「R17 Neo」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 04, 2018
OPPO「Find X」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Nov 03, 2018
「GPD Pocket 2」のスペックと価格や評価・評判のレビュー情報 Nov 02, 2018
「Moto Z3 Play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 13, 2018
「HUAWEI nova 3」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Oct 03, 2018
「moto g6 play」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 28, 2018
「ZenFone Max (M1) ZB555KL」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 22, 2018
「HUAWEI MediaPad T5」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 19, 2018
OPPO「R15 Pro」のスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 17, 2018
「NW-A50」シリーズのスペックと評価や評判のレビュー情報 Sep 12, 2018

【人気のアイテム】

Nintendo Switch用ポケットモンスター最新ゲームソフト『 Let's Go! ピカチュウ / Let's Go! イーブイ』に、モーション操作によって、まさにポケモントレーナーのようにモンスターボールを投げることができる夢のようなデバイスが付属した「モンスターボール Plus」セットを予約販売開始。

【Sponsored Link】